2017-04

昔ながらの風景(松本城下町) - Old-fashioned scenery (Matsumoto Castle Town) -

観光客のように街中を歩いて散策してみるべきだ、といつも思いながらなかなか・・。
ついぞ自動車という文明の利器を頼りに移動してしまう。
そして、そのたびにいつも同じ事を思うのである。

人間の目というか視覚というのは・・もしくは映像化している脳か、その辺りは不明であるが、実にいい加減であると感じる。
というのは、車で一瞬で通り過ぎたりする景色は、妙に歩いて見るべきだと感じるものの、実際に歩いて見るとさほどと感じない。
ところが、それでも写真に収めてあらためて見てみると、また違った景色にも見える。
一体、固定された・・? 共通の・・? 「本当の」景色というものは、存在するのだろうか。

まぁ、講釈は横に置いておくとして・・、松本城下町の懐かしい風景から。
瓦に苔。
今では、瓦屋根の家も少なくなりましたね。
20170424P3170242.jpg
なまこ壁。
そして、昔ながらの木製の格子窓。
路上に四角く見えるのは、マンホールの蓋だろうか・・。

確か、松本市のマンホールは色付きだったりしてデザイン性のあるものが多いと聞きかじったような・・。
カラフルな松本てまりのデザインで知られているはず。
いつか、マンホールばかりを撮影するのも面白そうだな・・。
この発想は、オヤジ趣味的な古銭収集ににた感覚だンな、シブいぞ(笑)
20170424P3170259.jpg
自分としては、日本様式に曲線というのに随分と違和感を覚えるのであるが、いかがなものか。
暇なときにでも、要研究か。
20170424P3170222.jpg
やはり、写真はとにかく撮るに尽きる。
撮らないことには、始まらないのだ。
撮れば、きっと何かが見つかるだろう。



スギタニルリシジミ 2017

ヒメギフチョウ狙いで行きましたが、スギタニルリシジミ。
綺麗ですね、羽化仕立てみたいです。
あっぷ(UP)っぷぅを一枚。
20170424P4240014.jpg
何が枯れたものでしょうか、笹の葉かな。
表翅のブルーもちょっとだけ覗いて、なかなかいい雰囲気かなと、自己満足。
20170424P4240004.jpg
少し遅めの桜も咲き始めて、今度はみんなセットで出会えるといいなぁ。。



信州にも春来る

例年は、松本城に桜での撮影と相成るところだが、今年は安曇野より北アルプスを望むバージョン。
というか、まぁ、別に狙いに行ったわけではないが、撮影者がわんさかしてて自分も思わずその気に・・・。
青空に桜にアルプス、役者は申し分のない設定(笑)
20170424P4230530a.jpg

少し前に撮った梅。
梅もまた佳き哉。
20170424P4140346.jpg

こちらは、枝垂れ桜。
満開の花弁も優雅だが、蕾がまたよろしい。
20170424P4240086.jpg
20170424P4240224.jpg
花粉症さえなければ、最高の季節なのにな、春



ジャコウアゲハ 2016

ジャコウアゲハ大発生中。
だが、なかなか止まってくれずに撮影は難航。
何って、カニって、暑いのなんの。
もぅ、干からびる寸前。

♀は産卵ラッシュの模様。
いつもは草むらの中に潜り込んでしまうのだが、いぃ感じのところに止まってくれた。
卵が写らなくて残念だったが、つかまっているあたりの葉っぱに数個の卵の影が透けて見えなくもない。


産卵シーンを夢中で追いかけていると、「交尾ぃ~。」の声が。
案外いぃ場所に止まってくれていて、後ろが抜けたいぃ雰囲気で撮れた。
フライパンの上にいるような暑さだし、と思い
涼しげな日陰背景よりテラテラ青空を背景に入れてみた。
でも、写真からは、暑さはちょっと伝わって来ないようだ(笑)
20160821DSC_0234.jpg

雲行きが妖しくなって来て、撮影終了。
車までの帰り道、葛の葉の上にウラナミシジミ。
このコを見ると、あぁもぅ秋、そんな気分にさせられる。
何だかしばらく振りに見たせいか、こんな模様だったっけと思った。
20160821DSC_0471.jpg
もぅ秋なのですね、秋。


ムラサキツバメ 2016

ぬぁんと、この近辺でムラサキツバメが見られるというので。。
通った、3日。。
三度目の正直かな、本日出会えた。

ちょっと擦れていたけれど、お初見のムラサキツバメであった。
鮮やかな発色の女のコ。

サービスよく全開翅
Danke schön

おすましポーズも、また乙なもの。
20160810DSC_0108b.jpg
ちょっと上にあがって、青空バックで。
20160810DSC_0094.jpg
この○○暑い時間を、素敵なひとときに変えてくれました。
ムラサキツバメちゃんも暑かったようで、日陰でおやすみモードに。

男のコにも出会いたかったが、この種は一体、年何回のいつ発生なのか。。
お盆にまた来てみようっと


そしてこちらは、ひさしくレンズを向けていなかったベニシジミ。
さすが夏型は、焼けてます。
黒いデス。
20160810DSC_0015.jpg
春型と夏型で求愛行動してたけど、撮影しとけばよかった。
暑さにボ~ッと見守っただけで、やり過ごしてしまった。
あほやんorz


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (219)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する