FC2ブログ

2019-08

文月、あじさい寺にて - 弘長寺 -

彼の、あじさい。
寺の庭いっぱいに咲き乱れておりましたが、なかなかその見惚れる姿を表現するのは難しく・・、

ぐるりひと回りしてみると、何やらひっそりと咲く姿もそこにはありました。
此度のお題は、「蒼凛の響き」です。

ちなみに、萼(がく)がひと片落ちておりますが、これはヤラセではござりませぬ故。
風に舞ったか、雨に打たれてか・・。
苔生えた地表近くに花をつけ、何でしょうか・・どこか惹かれるものを感じました。
20180712P7120185蒼凛の響き
わたしの中の世界観と、
どこか似ているものがそこにあったように思います。


庭園入ってすぐに見える、観音菩薩立像。
お題は、「白毫(びゃくごう)の光」。
20180712P7120069a白毫の光
弘長寺の屋根を背景に。
20180712P7120162a.jpg


こちらは、画像ソフトで加工したもの。
お題は、「八仙花」という、現代では使われなくなった紫陽花のかつての呼び名。
20180712P7120010a八仙花




桜、散る - Sakura Drops -

詠み人は分かりませんでしたが、こんな歌が書かれていました。
「散る桜 残る桜も 散る桜」

もう、桜も終盤ですね。
しだれ桜が、暖簾のようにお寺の門前を彩っていました。

縦位置でも・・。
20180421P4210105.jpg
終盤といえども、豪華絢爛です。
20180421DSC_0001.jpg
花に鳥。
20180421DSC_0029.jpg
佳いかな、佳いかな。
20180421P4210102.jpg
このお寺、もう葉桜になってしまっていたが、立派な古~い桜の樹が他にも。
来年はベストタイミングで来るべし。



満開桜 - 高遠城址公園 -

雨にも負けず、風にも負けず、
高遠城址公園の桜は満開にほころんでいました。

自分も、
雨にも負けじ、風にも負けじ、
と頑張って撮影して参りました。

が、しっかしまぁ、無茶苦茶寒かったです。
「春なのに 春なのに あぁ春なのに・・」であります。


桜の花はもとより、この枝っぷりがとても好き。
どちらが欠けても、魅力は半減するだろう。
20180405P4050407.jpg
20180405P4050410.jpg
20180405DSC_0019.jpg

さて、ライトアップが始まりました。
陽が落ちるほどに、どこか紅葉のようなてい。
20180405aDSC_0007.jpg
20180405DSC_0014.jpg
20180405DSC_0027.jpg
20180405DSC_0033.jpg
一段、暗く。
20180405DSC_0050.jpg
20180405DSC_0046.jpg
更に、暗く。
20180405DSC_0057.jpg
20180405DSC_0058.jpg
20180405DSC_0061.jpg
20180405DSC_0067.jpg
20180405DSC_0071.jpg
20180405DSC_0074.jpg
20180405DSC_0086.jpg
豪華絢爛。
20180405DSC_0120.jpg
20180405DSC_0126.jpg

ブルーでのライトアップもありました。
20180405P4050705.jpg

水面に映り込む桜のリフレクション。
パンフにあるような大道の画はみなさんにお任せして、
自分なりの表現をしてみました。
小雨の粒でできた波紋でおもしろい絵になったかな、なってないかな。(笑)
20180405P4050488.jpg
20180405P4050493.jpg

※ときに、幻想(イルージョン)エッセンスが混入しています。 It's a "MAGIC"


#Love,Love,Love

普段、人が入った写真は避ける方なのですが・・

"Love full bloom" といった感もあり、

つ・い・つ・い
押しちゃいました。



若いって、素敵



桜咲く、烏城

やっぱり、毎年行っちゃいますね・・。
桜=春ですもん。
2018_tcc_P4050386.jpg

ピーチ姫の退屈 "Boredom of Princess Peach"
2018_tcc_P4050395.jpg

桜そよぐ、薫。
2018_tcc_P4050320.jpg

千本桜、か。
20180405P4040087.jpg

桜、くらくら。
20180405P4040041.jpg

小雨に艶る、烏城。
20180405P4040349.jpg

それにしても、、
春とは言え、信州の夜は寒いぜ Baby

どさくさに紛れて、今年と去年の写真も混ざってる
エヘッ。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (260)
昆虫 (8)
草花 (24)
お知らせ (4)
その他 (9)
モノクロ (16)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する