2017-04

シロジュウシホシテントウ

ヒオドシチョウを撮りに行ったときの、おまけ。

小さくてモゾモゾしてる物が動いてる・・テントウムシっぽい。
大きさは、3mmくらい。

家に帰って調べてみると、どうやらシロジュウシホシテントウ暗色型というらしいが、
小さいし星の数もまだまだ足りなさそうだし、赤ちゃんテントウでしょうか。
20140324DSC_0077.jpg
20140324DSC_0101.jpg
20140324DSC_0110.jpg
いつも思うが、甲虫類の撮影は難しいなぁ。
今日のテントウなんて、特にチビだし。(笑)


むし・むし・たち

蝶のそばには、他の虫たちも生活している訳で、せっかくだからここでお披露目。

20110612DSC_0100.jpg
綿毛とてんとう。

20110614DSC_0209.jpg
探すのであれば、緑に緑じゃ、
よく見ないと、見つかりません、わな。

変な『オジサン』


ちょっと前、クロアゲハを追いかけていたとき、ふと足元に見つけた変な『オジサン』。
虫のことはさっぱりわからないので、どなたか『オジサン』の名前をご存知でしたら教えてください。
背中の模様がオジサンの顔のように見えるので、変な『オジサン』と呼んでいます。
おもしろい顔だにゃ(笑)

カエル


こんな風に置物のようにじっと動かないでいると、可愛らしいとも思える。

カエルは祖父を思い出させる。
むかし水墨画を少し習っていたという祖父が作ったらしい、カエルの素焼きを見たことがある。
確か、絵の具で色も薄っすらと付けられていた。

その姿がとてもリアルで、幼いながらに感動した記憶がある。
わたしが何かを作り出すことに興味があるのは、この祖父の血を受け継いでいるせいではないかと思う。

あのカエルは、今でも両親の家のどこかに眠っているのだろうか。

知らぬがナンとか・・・と言いますが

実家の母曰く
「黄色くて綺麗な幼虫がいるんだけど、どんな蝶がでてくるのか?」と。

いゃ待て待て、綺麗な蝶ほど虫姿はグロかったのでは。
とりあえず蝶で検索、該当なし。
もしや蛾かぃ?

あったあったありました。
すっかりチョコレートベリーの葉っぱを食い尽くした幼虫の正体は、
どうやら「モモスズメ」という、蛾でした。
母には、成虫がどんなかは知らせないでおきましょう(苦)

虫は好きではないのですが、体色が黄色の個体ということで、今回に限り特別掲載です。
刺激すると顎をすり合わせて音を出すらしい。
ちょっと構ってみればよかったかなぁ、へへっ。

モモスズメ Marumba gaschkewitschii echephron 幼虫
モモスズメ差し替え

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (219)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する