FC2ブログ

2019-11

殿さまキングs

ロータスエフェクトにどっぷりのお殿さま。


これ、ちょっとね、イスギ感あるよね。
What a wonderful world !! なんでしょうけど、、。
20180708P7082175.jpg



昔ながらの風景(松本城下町) - Old-fashioned scenery (Matsumoto Castle Town) -

観光客のように街中を歩いて散策してみるべきだ、といつも思いながらなかなか・・。
ついぞ自動車という文明の利器を頼りに移動してしまう。
そして、そのたびにいつも同じ事を思うのである。

人間の目というか視覚というのは・・もしくは映像化している脳か、その辺りは不明であるが、実にいい加減であると感じる。
というのは、車で一瞬で通り過ぎたりする景色は、妙に歩いて見るべきだと感じるものの、実際に歩いて見るとさほどと感じない。
ところが、それでも写真に収めてあらためて見てみると、また違った景色にも見える。
一体、固定された・・? 共通の・・? 「本当の」景色というものは、存在するのだろうか。

まぁ、講釈は横に置いておくとして・・、松本城下町の懐かしい風景から。
瓦に苔。
今では、瓦屋根の家も少なくなりましたね。
20170424P3170242.jpg
なまこ壁。
そして、昔ながらの木製の格子窓。
路上に四角く見えるのは、マンホールの蓋だろうか・・。

確か、松本市のマンホールは色付きだったりしてデザイン性のあるものが多いと聞きかじったような・・。
カラフルな松本てまりのデザインで知られているはず。
いつか、マンホールばかりを撮影するのも面白そうだな・・。
この発想は、オヤジ趣味的な古銭収集ににた感覚だンな、シブいぞ(笑)
20170424P3170259.jpg
自分としては、日本様式に曲線というのに随分と違和感を覚えるのであるが、いかがなものか。
暇なときにでも、要研究か。
20170424P3170222.jpg
やはり、写真はとにかく撮るに尽きる。
撮らないことには、始まらないのだ。
撮れば、きっと何かが見つかるだろう。



秋花火

人込みはあまり好きではないのだけれど、いつぶりかのナマ花火に出掛けかけてみた。

ドッカ~ン!! という大輪ではなく、シュンシュンと燃え落ちるナイアガラ。
これもまた、乙なものだ。

20141002DSC_0063.jpg
20141002DSC_0077.jpg
20141002DSC_0083.jpg
20141002DSC_0089.jpg
長屋茶屋の裏側と、石崖と川面と秋の草
そんなんを背景に・・なんて企みはどこへやら、風は強いし煙は巻くしこれが精一杯。

シュポポ・ポ・ポ花火も。
20141002DSC_0099.jpg
20141002DSC_0105.jpg

帰るころには、着ていた服は、屋台の『焼き』の匂いがすっかり染みこんでいた。(笑)
お好み焼きか、ケバブか、焼き栗か・・・何だかねぇ!?



・・・夢のあと

寒いのキライキライですが、今日はワンコの気分になって遊んでみました。
雪の撮影は、ムツカシイですね。

20140119DSC_0075.jpg
20140119DSC_0068.jpg
大カエデの紅葉は見ものらしいのですが、未だ見たことなく。
色づいていただろう落ち葉の、今を。
20140119aDSC_0071.jpg
モノクロだと、こんな感じ。
20140119DSC_0071.jpg
凍った葉っぱよ、寒かろぅ寒かろぅ、アタシも寒かったぞよ。
ニャンコのほうがよろしかろぅ。
炬燵でみかんは、なおよろしい。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (260)
昆虫 (8)
草花 (24)
お知らせ (4)
その他 (9)
モノクロ (16)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する