2012-06

the miracle around five

昼下がりのミズイロオナガ。
グリーングリーンの中で。


メスグロヒョウモンの交尾。
この日(6/27)、3カップルは見たなぁ~。
20120627DSC_0249.jpg

本日は、どうやらウラキンの雌に会えたようです。
雌のほうが雄に比べ黄色味が強い金色なんですね。
随分とおとなし~いコでしたので、間近で激写。
図鑑並みにドアップにして載せてみました(笑)
20120627DSC_0406.jpg
スポットライトのように陽が当たった一枚。
ちょっと光が強すぎて白っぽくなってしまった、トホホ。
20120627DSC_0485.jpg

さて、タイトルが何故「the miracle around five」かと。
実はここで初めてメスアカを接写できたのが、何年か前の夕方5時くらい。
かなり舞い上がった記憶が、今でも鮮明です。
で、何と今日(6/28)の夕方、またもや5時にウラキンの吸蜜に遭遇。
まっ、勝手に自分の中で5時の奇跡と題してみた訳であります
20120628DSC_0024.jpg
栗の花、白トビまくりですがこんな雰囲気もいぃかなと・・。
20120628DSC_0050b.jpg

次の奇跡は、一体何が待ってるんだろう。

Angels smiled on me!!!

本日もいつもの場所へ・・・。

まだまだ健在、ウラナミアカ。
20120623DSC_0526.jpg

普通種だけどルリシジミ。
20120623DSC_0543.jpg

近年、なかなか出逢えないでいたウラゴマダラですが・・。
ピカピカの新鮮な個体です。
まずは、真横から。
20120623DSC_0601.jpg
続いてV字開翅。
20120623DSC_0616.jpg
サービスよく全開翅。
20120623DSC_0695.jpg
20120623DSC_0701.jpg
20120624DSC_0722a.jpg
この時点で、結構満足

そして、ミズイロオナガ。
こちらも新鮮です。
20120623DSC_0913.jpg
ツキはツキを呼ぶのでしょうか、なんとこちらも全開翅。
選びきれずに3枚も載せてしまった、あはっ。
20120623DSC_0754.jpg
20120623DSC_0739.jpg
20120623DSC_0765.jpg
以前の教訓を生かせず、またもや絞りの設定ミス
しかし、その場はそれと気付かず、気分はかなりのハイテンション。

陽だまりの中のアカシジミ。
翅がやや透過光気味なのがいぃ感じ。(自画自賛か
20120624DSC_0024.jpg

めずらしく葉っぱの上のヒオドシチョウ。
やや角度がナンだが・・良しとしよう。
20120624DSC_0014.jpg

そして、これぞまさに Angels smiled on me!!!
まじか、まさかのウラキンシジミ。
(6/23 PM)
20120623DSC_0849.jpg
お目覚めの吸水!? かな。
幸運にも手の届く下草に降りて来てくれました。
(6/24 AM)
20120624DSC_0044.jpg
ちょっと(毎度ですが・・)ピン甘ですが。
20120624DSC_0057a.jpg
ウラキンの本当の翅の色ってどれなんでしょう。
どれも本当なんでしょうが・・・。
20120624DSC_0065.jpg
20120624DSC_0088.jpg
20120624DSC_0096.jpg
こんな色にも。
20120624DSC_0117.jpg

ところで、天使の微笑みは、これで終わらないのでありました
念願のゴマダラチョウ。
近距離・低位置で、マクロで、あぁ感激。
20120624DSC_0167.jpg
20120624DSC_0182.jpg

Dear Angels,
Special thanks to your heart

クセになるとは、こぅゆぅこと!?

あれ程の出不精から、一気に出歩き魔に変してしまった、かも知れない
本日も、ちょい出のつもりが結構粘ってしまった。

朝の仕事をひと区切りつけ、いそいそと出発。
駐車場に着くと車が一台。
この時期この時間って、まぁ蝶屋かご年配の方のお散歩くらい、と思いながら奥へと。

う~ん、どこかでお見受けしたことのあるお姿。
あのメガネに渋い髭は、やはり安曇野の蝶と自然のkmkurobeさん。
すでに本戦からの帰りということで、いやはやエネルギッシュな方だ。
ひと足お先に、撮れたての写真を見せていただきありがとうございました
まだ自分の見たことのないクロミドリとか、しかも新鮮な開翅の写真。
内心、い、いぃなっうぅぅ、みたいな(笑)

気を取り直して、自分も撮影。
連日登場のウラナミアカシジミですが、蟻とのご対面シーンを。
タイミングは良かったんだけど、ピンが・ね。

この後、飛んだんだけどねぇ、ボケボケの飛翔が写ってました。
20120621DSC_0380.jpg

大人しかったヒオドシチョウ。
この手の蝶は、どうしても地面が背景になりがちで、でもこれが実のところのイメージだからいぃんだろうね。
20120621DSC_0287.jpg

これはこれは、ジャコウアゲハによく似たアゲハモドキ。
何と蛾の仲間になるそぅ。
確かによく見ると触覚が、蛾のそれだ。
20120621DSC_0290.jpg

しばらくすると、kmkurobeさんはお忙しそうに切り上げお帰りに。
何でも、「これから蝶の休憩タイムに入るから、次の活動はまた夕方だね。」とのことでした。
それでも諦めのつかないわたしは、もぅちょい粘り・・粘り・・

羽化仕立てのミヤマカラスを。
個人的にこの写真は結構好き。
20120621DSC_0334.jpg
次の2枚は、ほぼ同じなのだが背景の違いで随分雰囲気が変わる。
20120621DSC_0340.jpg
20120621DSC_0343.jpg

YES,ウラゴマダラシジミも発見。
翅を開きかけたが、残念チャンス生かせず。
20120621DSC_0352.jpg
20120621DSC_0354.jpg

粘った甲斐ありの、ミズイロオナガシジミ。
ちょっと高い枝に止まっていたので、角度が・・。
それでもこちらも開翅。
もぅ20cm身長があれば、いぃ写真が撮れたハズ!? なのに、マジか!?
20120621aDSC_0396.jpg
20120621aDSC_0420.jpg

腕の問題ではありますが、
『望遠レンズじゃないと高枝にいる蝶は撮れない、けれど長くて重いのは結構しんどい。』
長丁場で頑張ってると、疲れてなおブレてしまう。
何か得策ってないのでしょうか。。

それから・・前座でお出迎えしてくれた蝶たち

先日の初ゼフの前にお出迎えしてくれた蝶たちを。

これはオオミスジでしょうか、見かけが大きかったのでという単純な判断ですが(笑)
自分としては、この蝶の場合、やや翅を下げ気味にしたポーズが貫禄ある感じで好きです。


こちらは、またまた見たままイチモンジチョウ、かな。だよね。
最初の写真は、順当な感じで。
20120618DSC_0061.jpg
これってどうなのょ? な写真だけど、雰囲気が気に入ったので載せてみました。
20120618DSC_0054.jpg
こんな風に、ひっくり返って、ぶら下がって吸蜜。
この蝶も、なかなか裏翅の模様が素敵。
20120618DSC_0059.jpg

ちょっと時期が遅いけど、ウスバシロチョウ。
ミノムシくんと一緒に。
20120618DSC_0062.jpg

もぅ一枚、ウラナミアカを。
20120618DSC_0220.jpg

最後は、証拠写真しか撮れなかったミズイロオナガ。
' わたしはどこでしょう? 'そんな感じの写真ですね。
20120618DSC_0238.jpg
いつも寄って撮っていますが、蝶たちはこんな環境の中で生息しています。
あしたの朝も、ちょっとだけ出掛けてみようかな・・なんて

雨が降る前の、晴れた日に・・・

大概のひとの休日となる土日は、なかなか出歩く気がしない。
まぁ、ひと嫌いってのが第一の理由なんだけど(笑)
ってゆうか、独りで気楽に! じゃないと集中して撮影ができない訳で。
週間予報で雨マークの前の日、6/18月曜日朝から早々と(仕事そっちのけで)出掛けてみた。

あぁ、久々の山の空気。
まだそんなに気温は上がってきてないと思うのだが、コミスジかな!?なにやらそれ系の蝶が忙しげに飛び回っている。

まだ、何も出てないのかなぁ・・と思いながら散策。
例年だと自分としては、この黒地に白筋が入ったのがまず現れて、それからミズイロオナガとか。
ところが、チラチラと舞うミズイロはどうも見当たらない。

テングにヒオドシ、キアゲハ。
う~ん、北信でアカシジミが見られたというので、ここらでも何か出ているのではと思ったのだが。
と、ひと回りし終わろうかとした、その時じゃ。
いるじゃんいるじゃん、ウラナミアカ。
あら、今年はあなたが初見なのね♪
しかもこんなにいぃ場所に。


蝶はもちろんなんだけど、後ろも前もこの葉っぱが煩くならないよう綺麗にボケを入れるのは難しいでございます。
どうゆう絞りにすりゃいぃんだか

D20120618SC_0142.jpg
20120618DSC_0146.jpg
20120618DSC_0148.jpg
オーソドックスなのを一枚。
続いて真後ろからと、ちょい斜め後ろから。
開翅状態で撮れる可能性が低いから、まぁ表翅がちら見してるのをのせておこうと。

20120618DSC_0096.jpg
そして、一番のお気に入りがこれ。
厳しく言われますと、ピンがいまいちではありますが、全体の雰囲気が好きです

20120618DSC_0246.jpg
そして、懲りずに夕方再チャレンジでの収穫は、アカシジミの産卵。
よーく見ると、白っぽく卵がひとつ写ってます。
実は、撮影中はそれと気づかなかったという鈍さが笑えます、あはは。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (230)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する