2015-05

2015 オオルリシジミ三昧

週末のこんな天気なら、みなこぞってクモツキ狙いだろう。
群集が苦手なわたしには、それはちょっとストレスの溜まる撮影になってしまう。
そうだ オオルリシジミ、行こう。(JR東海【そうだ 京都、行こう。】的な気分で)

まずは、本日締めに撮れた交尾シーンから1枚。


読みどおり、到着して見回せど、だ、誰もおらん(笑)
そしてオオルリは、産卵ラッシュの模様。
20150524DSC_0046.jpg
20150524DSC_0469.jpg
ムッ、お尻を曲げているけど、このコは雄でないか。
「君きみ、何でそんな格好してんの !?」
イミフーとか言われちゃうよ。
20150524DSC_0115.jpg

昼間なのに、長いことジィーッと動かず休憩って、どんな場合なのだろうか。
涼んでいるようにも見えなかったし・・。
20150524DSC_0106.jpg
20150524DSC_0446.jpg

あちらこちらでは、激しい求愛アタックも。
さてと、雄雌の区別がよく分からない。

雄の方が、裏翅がやや色濃くって、表翅には点々がなさそう・・。
だが、飛翔してたり、陰の状態によっては、どっちかさっぱり・・。

状況としては、止まっているのが雌なのかな。
上の2頭は雄 !?
20150524DSC_0132.jpg
一番下のお尻を曲げてるのは雄だろう。
さて、他の2頭はどっち。
20150524DSC_0137.jpg
多分、右のは雌だよね。
真ん中はどっちだ !?
20150524DSC_0144.jpg
この真ん中、下の雄から逃げているのか、右の雌を追いかけているのか・・。
20150524DSC_0147.jpg
最終的には、みんな飛び散ってしまった。
チャンチャン。

このコの翅は、少しヨボヨボして見える。
羽化間もないのかしらん。
20150524DSC_0214.jpg
20150524DSC_0272.jpg
20150524DSC_0280.jpg
表翅の点々模様にも随分と個体差があるのだぁ。
20150524DSC_0305.jpg
20150524DSC_0384.jpg
20150524DSC_0429.jpg

逆光で、産卵。
20150524DSC_0311.jpg
新鮮な個体の縁毛が綺麗に撮れると、思わず嬉しくなっちゃう。
20150524DSC_0506.jpg
20150524DSC_0338.jpg

いぃ雰囲気だったけど、思いは実らず交尾拒否。
20150524DSC_0366.jpg

時おり目にする蝶の花、おだんごみたいに何頭かがかたまって何だか花が咲いているみたい。
撮影中は分からなかったが、すでに交尾成立のところに、お邪魔雄が言い寄っていたようだ。
20150524DSC_0519.jpg
あろうことかお邪魔雄は、尻尾を曲げて実力行使に。
20150524DSC_0543.jpg
が、選ばれし雄が先導してクララの下方に回りこむ。(それでこそオトコ)
20150524DSC_0551.jpg
うまく追い払って、ハッピィーエンド
20150524DSC_0633.jpg
今度は、雌が先導してクララの上に位置変え。
結ばれた後は、女房の尻に敷かれている感も否めないが・・。
20150524DSC_0656.jpg
まぁ、ふたりが幸せなら、それでよし

さとて クモツキ、いつ行こう。(笑)



2015 クモマツマキチョウ(証拠写真デス)

いよいよ、オレンジが発生し始めたというので、勇んで出掛けてみた。
が、姿は何度か目にしたものの・・本日は証拠写真止まり。
まだ、そんなに多くは発生していないのかも知れない。


今年の山の状況はというと、まだ春遠しといった感じでこんなに残雪が。。
芽吹きもまだまだこれからのようで、全体的に冬色を思わせた。
20150520DSC_0009.jpg

季節が進むのは、早い。
次回は、すっかり春めいた緑色の景色に変わっていることだろう。
そして、オレンジも賑やかに出向かえてくれる・・といいな。

桜にオレンジで、いい写真が撮れると嬉しいのだが・・また妄想だと言われそうだ
羽化するクモツキなんかにも出会いたいが・・あぁ果てしなく膨らむ妄想
Nobody can stop me... もぅ誰もワタシを止められない(笑)


2015 ギフチョウ産卵日和

イエローの園へ再訪してみるものの、やはりあれは奇跡だったのだろう・・。
本日、イエローは1頭のみのお出迎えであった。
静止からの飛び立ちで、またもや偶然の飛翔シーン

20150517DSC_0032.jpg

そして本日は何の日 !? 、「産卵の日」であったようだ。

こちら人間さんもお腹が空いたので、シートを広げてのんびりとお昼休憩を始めた。
すると、ギフチョウが目の前を・・。
遠くまで迂回することなくフワフワ目の前での舞いをサービスしてくれたかと思うと、
地面近くを舞っては休み舞っては休み。
どうしちゃったんだい、疲れたのそれとも風が強いからかぃ・・と見守っていると・・。
20150517DSC_0057.jpg
あぁ、そう。
そうだったのか、産みたかったんだね。
1頭目
20150517DSC_0078.jpg
20150517aDSC_0103.jpg
20150517DSC_0113.jpg
このコが産んだのは、卵10個
何度見ても綺麗だと思う、本当に小さな真珠みたいだ。

おにぎりをほお張っていると、またまた妖しいコがやって来た。
さっきのコと同じような行動を取っている。
こりゃまた、きっと産卵に違いない・・。

やっぱりの2頭目
ところが、どうしたことか卵1個産むとずぅーっと休憩。
仕舞には、風にあおられて地面に落下、そこへ大型の蟻がやって来たせいもあってか、
産卵を続けることなくどこかへ飛び去ってしまった。
こんな産卵シーンは、初めてだ(笑)
20150517DSC_0121.jpg
結局このコが産んだのは、後にも先にも卵1個

ゆっくりと静止サービスしてくれたノーマルの雌ギフチョウ。
まだまだ綺麗。
20150517DSC_0138.jpg

そして、またもや妖しげな飛び方をするコが・・。
やっぱりの3頭目
こんな感じに背丈の低いミヤマアオイへの産卵シーンで、卵を含めての撮影はなかなか厳しい。
コンデジなら、地面スレスレから撮影可能だし、角度の自由も利く。
面倒くさがりなので、いつもデジイチ+レンズ2本のみ(レンズの交換も面倒)なのだが、
デジイチ+コンデジが最強なのかもね
20150517DSC_0169.jpg
20150517DSC_0219.jpg
20150517DSC_0233.jpg
このコが産んだのは、卵11個

帰り際に、産んだ卵をもう一度見てみようと葉っぱを裏返すと・・アレレこんなに沢山産み付けられてる。
ここはギフチョウお気に入りのポイントのようだ。
20150517DSC_0285.jpg
右下のが、本日の1頭目のコの産んだ卵10個だから、
恐らくは、ほかに10個・10個・13個で3頭のギフチョウがすでに産卵してあったたのだろう。
本日、合計55個の卵を確認できた訳だ。
来年にはまた、沢山の可愛いギフチョウに会えるといいね



2015 ウスバシロチョウ

ギフチョウやクモマツマキチョウばかりに心を奪われがちになってしまうが、
初めてウスバシロチョウに出会ったときには感動したものだったのに・・とフッと思い返した。

20150515DSC_0284.jpg

きょうもカラスアゲハは忙しくて・・ほんの一瞬サービスしてくれただけ。
20150515DSC_0312.jpg

どの蝶も、みなそれぞれに美しい



2015 ギフチョウ(イエローバンド) -Lady yellow-

こんなこともあるものなのか !?
本日出会ったギフチョウは、すべてイエローバンド。
どうやら「イエローバンドの園」へ、足を踏み入れてしまったらしい。

1頭目のお出迎え。
やや判別し難いが、別画像で確認すると、尾状突起部にはちゃんと黄色の縁取りが見られる。
撮影中は、イエローバンドだと気づかないでいる(笑)
20150513DSC_0134.jpg

2頭目

まだ、イエローバンドだと気づかないで撮影してる(爆)
20150513DSC_0150.jpg
あれっ、もしかイエローバンド !?
「新鮮だったし、凄ぉーい !!」 と、この時点でやっと感動の波が押し寄せる。

「また来るかなぁ !?」 と、ワクワクしながら探し回る。

3頭目
何とまた、木の枝の先っぽとはめずらしい場所で・・。
羽化直後で、翅が乾くのを待っていたようだ。
小柄な身長に一眼では、どんなに背伸びをしようが、角度的にこれが精一杯。
顔が隠れてしまって惜しいが、一体どういった訳か翅がレインボーカラーに。
これには驚き & 超感激
20150513DSC_0163.jpg

4頭目は、何もそんな条件でなくともと・・という場所に潜り込む。
すると、あらあら産卵みたい。
とにかくシャッターは切ったものの、ウ~ンこんな感じ。
20150513DSC_0184.jpg
卵も一緒に写せなかったし・・。
が、待てよ。
産卵したこの葉っぱ、「葵の御紋」のフタバアオイ ??
あ~、もっとちゃんと撮影したかったなぁ。。
でもまぁ、次の課題ができたことを喜ぼうではないか

そして5頭目
少しだけど、透過光をいかせたかな。
20150513DSC_0194.jpg
止まっているこの植物も、そのうち何かの花を咲かせるのだろうか。
ユリ科の植物かなぁ !?

羽化したてのように見える新鮮な個体だが、横から見るとすでに交尾嚢らしきものが見える。
まったく雄蝶は、手が早いゎ
20150513DSC_0217.jpg

昼を過ぎたあたりから、急にみんなどこかへ消えてしまった。
ゼフなんかもそうだが、そういう時間帯ってものがあるのだろうか。

帰り際の6頭目
スミレで吸蜜からの飛翔。
顔までは見えませんが、イエローバンドはしかと写りました(笑)
20150513DSC_0225.jpg

撮影中は、まさかそこまでと思っていたが、そのまさか。
落ち着いて確認してみても、やっぱりすべてがイエローバンドという奇跡 !?

ヒメギフチョウもまだまだ新鮮でした
20150513DSC_0130.jpg



Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (219)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する