2016-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャコウアゲハ 2016

いつもヒィ~ラヒラと優雅に舞うジャコウアゲハ。
撮れそうでいて、なかなか撮れない。

ハルジオンで吸蜜中も意外と落ち着きがない。


ウマノスズクサで休憩。
そろそろお休みの準備かな。
20160515DSC_0708.jpg



スポンサーサイト

オオルリシジミ 2016

今年は、いつもより早めに訪れてみました。
クララはまだ少し小さめで、オオルリシジミもこれからもっと数が出るのかなぁ。
どの個体も新鮮で、撮影にはナイス! でした。




クモマツマキチョウ交尾拒否 2016

それにしても・・・
シーズンイン早々のクマモツマキチョウ撮影は、冬眠の長かったカラダには堪えます(笑)


なかなか交尾には至らない、という証明1。
20160515DSC_0016.jpg
20160515DSC_0019.jpg
20160515DSC_0021.jpg
それにしても、蝶って結構しつこい。
人間界だったら、これもぅストーカーもんだゎなぁ。

オオルリシジミとジャコウアゲハは、後日アップ。
もぅ、疲れすぎ・・デス。



クモマツマキチョウ飛翔 2016

春一番のように駆け足で蝶の季節は進んでいきます。
ヒメギフチョウ、ギフチョウが終わらないうちに、クモマツマキチョウ早くも発生です。
チャンスにだけは恵まれて・・あとは自分の腕次第かぁ。。

ハタザオで吸蜜するクモマツマキチョウ♂


ハタザオの回りを飛ぶクモマツマキチョウ。
20160508DSC_0232.jpg
20160508DSC_0235.jpg
20160508DSC_0239.jpg

なぁんと、雌♀も出ていました。
20160508DSC_0219.jpg

スミレでも吸蜜するクモマツマキチョウ。
よく分からないけど、なんだかとっても美味しそう
20160508DSC_0227.jpg



ギフチョウとヒメギフチョウ 2016

ここは、ギフチョウとヒメギフチョウの混生地。
本日、朝から気温高く、早々に休むことなく飛び回り放し。

吸蜜や休憩時間が一瞬であるということは、もしかしたら考えようによってはラッキーなのかも知れない。
つまり、その前後は比較的スピードを落として飛ぶ訳で、静止は難しくとも飛翔は狙える !?

・・いやいや本日の収穫もいつもの偶然ですね。
幸運の女神さまに感謝 !!というところです。

ギフチョウの飛翔

20160501DSC_0050.jpg

たまの休憩。
WS000150.jpg


とにかく混生地なので、撮影し終えてやっと、
「あぁ、ギフチョウだったのかとかヒメギフチョウだったのか。」という調子。

はて、これは !?
混生地特有のいわゆるハイブリッド種かしらん。
前翅はギフチョウ、後翅はヒメギフチョウの特徴が出ているように見えますが・・。
20160501DSC_0085.jpg

まだまだ綺麗な状態のヒメギフチョウも飛んでいました。
透過光ぎみに撮れてうれぴかったデス。
20160501DSC_0128.jpg

そのほか、産卵や強引絡みシーンはリアルな目で、イエロー情報も小耳に、
なんやかんやと楽しいひとときでしたぁ


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (235)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。