2016-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオミドリシジミ 2016

発生はしていましたが、撮影チャンスは少なかったデス。
大体10分~15分ほどだったでしょうか^^;

これが一番本来のオオミドリシジミに近い色味でしょうか。
あらためて思う訳ですが、コンデジ恐るべしですょ
20160626P6260011.jpg

こちらは、やや青が強く出てしまっているようですね。。
いやはや、ホント難しいです。
20160626DSC_0060.jpg
20160626DSC_0072.jpg
20160626DSC_0029.jpg
ジョウザンミドリシジミやアイノミドリシジミにもぜひ出会いたいですね



スポンサーサイト

オナガシジミ コヒョウモンモドキ キアゲハ 2016

何と気の早いオナガシジミ!?
確か最終組だったよね、このコたちの出番は。
「ちょっと、早くネッ。」そんな感じです。
20160625DSC_0071.jpg

コヒョウモンモドキ。
「ハチみたいだね。」との声が背後から。
確かにこの配色は、ハチですなぁ。。
20160626DSC_0147.jpg

新鮮なキアゲハが、い~っぱい飛んでました。
アゲハは、色・模様・サイズ・形どれをとってもゴージャスですね。
20160626DSC_0177.jpg



オオムラサキとゴマダラチョウ 2016

あれあれ、あっとゆう間にオオムラサキが出始めましたょ。
羽化したてで、ミネラル補給をしているのでしょうか。
20160625DSC_0240.jpg
こんな風に飛んで来ては、
20160625DSC_0118.jpg
だんだんと賑やかくなります。
20160625DSC_0198.jpg

かなり小さく映ってはいますが、逆に緑の森の中を飛ぶ雰囲気が出ていて好きです。
20160625DSC_0276.jpg
20160625DSC_0291.jpg

オオムラサキかな、と思ったら色がない。
ゴマダラチョウでした。
個人的には、鮮やかなオオムラサキよりもシックなゴマダラチョウの方が好みだったり。
20160625P6250260.jpg




カラスシジミ 2016

地域によるのだろうが、ここら一帯ではこのカラスシジミには滅多にお目にかかれない。
このたび、いわゆる初見。
しかも羽化したてのホヤホヤベイビー。
20160618DSC_0164.jpg
20160618DSC_0187.jpg
密かには生息しているということなのだから、いつも注意深く観察するべし、なのだなぁ。。


ウラキンシジミ 2016

これは、ウラキンシジミ♂かなぁ。。

苦労して、左手にウラキンシジミが止まる枝を掴みながら、右手で撮影。
自分が前後して、ピントを合わせる。(文章にするとやけに滑稽に聞こえるが・・。)

いつも接写が多いのだが、全体の雰囲気が分かるこんな写真もたまにはいぃなと思った。
時々チラチラと舞い移って、こんな風にひっそりと涼しげに葉上に止まっているのだ。
対するワタシは、大概のところ流れる汗と容赦ない蚊の攻撃に耐え忍びながら、辛抱強く撮影してるワケ
20160618DSC_0342.jpg


こちらは、まだちょっと早かったかな・・何とか証拠写真にはなったかというオオミドリシジミ(多分)。
20160618DSC_0150.jpg



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (218)
昆虫 (6)
草花 (17)
お知らせ (4)
その他 (7)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。