2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラキンシジミ、噂の真相は!?

きょう日曜日は、連日の早起きのためダウン(笑)
という訳で金曜日と土曜日の写真を。

まずは土曜日。
夕方、やはりもぅスタミナ切れでお昼寝の後、蝶のお休み前を狙っていつもの場所へ。
実はどうしまいか悩んでいたのだが、3時過ぎくらいに例のレンズが届いたので、やはり行ってみることにしたのだ。

奥まで行ったが、人もいなけりゃ蝶もいない、やっぱり何にもいないかなぁと思いながらひと回り。
またミヤマカラスちゃんかと思ったが、なんだかひと回り大きくて色も明るい。
『あなた誰?』と確認すると、なんと『ウラキンシジミちゃん』ではありませんか。
『うっそ、まぢぃ~』ってな心境。
慌ててシャッターを切る。
20110702DSC_0051.jpg
20110702DSC_0064.jpg
似たような構図だが、少しだけ表翅の色が覗いてたので。

20110702DSC_0044.jpg
夕方だったせいか、あまり動かず大人しく、ゆっくり撮影できた。
が、突如飛んできたミヤマカラスに邪魔されて、あっという間に高い梢に上がってしまった。

数日前に、ここでのウラキン発見情報を小耳にしていた。
が、まさかねぇいてもそぅ簡単には出会えないだろうと諦めていたので、またしても big surprise!!


それから金曜日。
アゲハが近くを楽しそうに舞っていたので、打ちまくってみました。
舞っているときは、すぐに気づかなかったけど、もう擦れてボロボロだったみたぃ。
20110701DSC_0080.jpg
20110701DSC_0081.jpg
20110701DSC_0082.jpg

次は、コムラサキの飛翔を。
コムラサキの近くに見えているのは、一体何のサナギでしょうか。
20110701DSC_0110.jpg
20110701DSC_0111.jpg

そしていよいよ車に乗り込もうと、するとオオムラサキがやって来た。
涼を求めて日陰の枝に。
20110701DSC_0129.jpg

足元近くを舞っていて、ふっと消えたように見えたと思ったら、あららこんなところで樹液を吸ってました。
20110701DSC_0141.jpg
2頭仲良く並んで。
時折、一瞬開翅しながらだったけれど、写真には収められず残念。

20110701DSC_0153.jpg
20110701DSC_0159.jpg
20110701DSC_0163.jpg

最後は、ちゃっかり手乗りしていただいて、本日の締め。
20110701DSC_0197.jpg

● COMMENT FORM ●

うーん。あそこにはウラキンもいるのですね。多分クロミドリもいると思うのですが。
オオムラサキが多いところよりもゼフはもう少し稜線に近い方が多く感じますね。

kmkurobeさん、こんにちは。
ウラキン情報は、今年からのようです。
今までは、単に発見されなかったのか、いなかったのかどうなのでしょう。
相変わらず蝶も写真も『勉強不足』のわたしは、慌ててクロミドリなるを検索してみました。
案の定、画像を見るも、いまいち区別がつかない程にちんぷんかんぷんです。
経験も知識も豊かなkmkurobeさんに、色々とまた教えていただけたら嬉しいです。

今度はウラキンシジミとは、写りも綺麗ですね。
まだ見たことがないのばかりで写真が楽しみです。
オオムラサキはこちらではほとんど見ないので、撮影の機会がありません。
fumieさんのように撮ってみたいです。

こんにちは。
ウラキンシジミは、運が良かったです。
H.A.さんの強運を少し分けてもらったのかも知れませんね(笑)
望遠レンズを新調したので、少し離れた蝶も狙えてご機嫌です。
オオムラサキはいなくても、きっとこちらではお目にかかれない蝶がいるのでしょうね。

初見おめでとうございます。

ウラキンはYODAも未見で、すごくうらやましいです。
あの日、柳の下を狙いましたが、見事にミヤマカラスシジミしか見つかりませんでした。

YODAさん、コメントありがとうございます。
撮影の数日前に発見されたという情報を得ていましたが、まさかという感じでした。
今年、あの場所はウラジロミドリも発見されたらしく、意外といろいろな種類が生息しているようです。
ミヤマカラスも、白帯消失の個体をあの一帯で一度発見しています。
『灯台下暮らし』近場を丹念に探索する価値は大いにありそうですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumiekitazawa.blog69.fc2.com/tb.php/106-d2274806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

a tiny cosmos «  | BLOG TOP |  » in full chase of 'green green'

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (235)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。