2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願のアイノミドリ

そうです先週末は、念願のアイノミドリを今度こそという訳で、早起きしてゼフの楽園へ。
めずらしく最近では付き合いの悪い娘も参加。
(なんでも理由は、山の中でいぃ空気が吸いたくなったから、だそぅ。)

次の2枚は、中3今年受験かぃ!?の娘の写真。
ちょっと、ヤラレましたという感じ。
a20110710DSC_0024.jpg
a20110710DSC_0035.jpg
娘の写真は以前にも、【a sweet girl's work】 vol.1で紹介したことがある。
今回は、【a sweet girl's work】 vol.2ということになりますね。

自分も気を取り直して、まずはオオミドリから。
20110710DSC_0002.jpg
20110710DSC_0063.jpg
20110710DSC_0075.jpg
20110710DSC_0104.jpg
表翅ばかり狙いがちだが、意外とこの裏翅難しい。
なかなか上手く撮れませんね。

それから、アイノミドリ。
一応、これぞアイノの色が出せたかな、という1枚。
20110710DSC_0013.jpg
ゼフって本当に、こんな感じに下草のスポットライトの当たる場所によく止まる。
20110710DSC_0038.jpg
V半開翅を何とか。
葉っぱと背景が気に入らないが、贅沢は言えないね。
全開翅も撮りたかったけれど、またの課題に。
20110710DSC_0156.jpg
薄ぼんやりと生息林の背景を入れて。
20110710DSC_0141.jpg
20110710DSC_0169.jpg
とりあえず満足かな・・・でも今シーズンのうちにあと何度か挑戦したい。

● COMMENT FORM ●

アイノの一枚目すばらしい色が出ていますね。この金緑色がアイノやメスアカの特徴ですもんね。
残念ながらこの色出ませんでした。
多分同じ場所から撮影したカットもあったのですが、ピントが甘かったですね・・・・・
お嬢さんのアイノもオオミドリもすばらしいできですね。
今度はシャクガ親子に負けずに、親子展を開いてください。

こんにちは
初めてお邪魔します。
当日一緒に撮影させていただいたダンダラと申します。(家内も一緒でした)
あの場所で撮影した写真、見直してみたら全部オオミドリでした。
少し下の方にアイノがいたみたいですね。ちょっとショックです。
(アイノの雌は家内が撮影していましたが)
今後ともよろしくお願いします。

kmkurobe さん、コメントありがとうございます。

あの時、アイノミドリだと教えていただいたので、必死でシャッターを切った中の1枚です。
うちは親子共々のんびりやっていますので、またよろしくお願いいたします。



              * * * * *


ダンダラ さん、ご訪問いただきありがとうございます。

先日は、ゆっくりとご挨拶もできず大変失礼いたしました。
奥さまとは少しだけお話できましたょ。

お二人揃って蝶撮影なんて、素敵なご趣味ですね。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

リンク貼らせていただいてもよろしいでしょうか?


リンクの件、ありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきます。
よろしくお願いします。

初コメントです。

当日、ご一緒させていただいたYODAです。
若い女性の方は娘さんだったのですね。家族での撮影楽しそうです。
それにしても、YODAも全く撮影できなかったアイノの画像が素晴らしいです。
fumieさんの領域に一歩でも近づきたいものです。
今後ともよろしくお願いします。

YODAさん、ご訪問いただきありがとうございます。

娘は滅多に付き合わないのですが、あの日はたまたまです(笑)
お褒めいただき大変恐縮ですが、ちょうど目の前に止まってくれたアイノミドリを撮影できたのはラッキーでした。

実は、以前より『蝶鳥ウォッチング』には秘かにお邪魔させていただいておりました。
YODAさんが撮られる後ろボケの美しい写真がお気に入りです。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
リンク貼らせていただいてもよろしいでしょうか?

Ayaseちゃん凄い!!v-12参りました!!
こんなの撮れると填まってしまいますね、「親子展」やりますか!
 最近ご一緒させていただいていて感じるのですが、なにか今年は意気込みが違いますね、
写真の出来も素晴らしいものばかり、だらだら楽しんでいる自分にちょっぴり反省してます。

ikedanochohchoさん、おはようございます。
まったく猫みたいなもので、ハマれば夢中になるし、飽きればさっぱりという気まぐれです。
ひとつ言えることは、わたしを突き動かしている原因は、他ならぬ身近にいるikedanochohchoさんやsyakugaくん親子の存在ですょ。
皆さんドンドン進化していて、これは頑張らなきゃってそんな気にさせられます。
これからもジャンジャン刺激してくださいね(笑)

以前お邪魔していただいていたなんて、大変光栄です。
リンク、こちらも設定させていただきました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumiekitazawa.blog69.fc2.com/tb.php/110-3297c4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

念ずれば・・・オナガシジミ «  | BLOG TOP |  » オオミドリとコヒョウモンモドキ

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (235)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。