2017-06

念ずれば・・・オナガシジミ

ちょっと時間的に出遅れて、9時半くらいにいつもの場所へ。
何てったってアッチィし、駐車場付近では、いつものようにオオムラサキが高空を勇ましく舞っているばかり。
とりあえず散歩の気持ちで坂を上る。

下りに差しかかった所で、オオミスジがふんわりとお出迎え。
暑いとこの種類も結構止まらないのだが、下草でゆっくりと。
20110714DSC_0008.jpg

目に入ってくるのは、オオムラサキばかり。
案外低めの位置に止まってくれたので、いくつか撮影。
ちょっと変わった雰囲気で。
20110714DSC_0033.jpg
樹の上ではこんな光景が・・・これは求愛なんでしょうか。
20110714DSC_0252.jpg
ふと、足元を見れば、吸汁中の蝶でいっぱい。
20110714DSC_0084.jpg
20110714DSC_0085.jpg
20110714DSC_0092.jpg
近づいても一向に逃げる気配なし。

次の2枚は、前の日の夕方。
雨がポツポツする中、雷に怯えながらのちょい撮影。
お休みの体勢か、雨を凌ぐためか、葉の裏にぶら下がるように静止。
20110714DSC_0249.jpg
樹の幹に、華が咲くようにオオムラサキの雌が集団吸汁。
20110714DSC_0232.jpg

昨日、今日と、どうやらこの樹液に蝶たちが集まってくるようです。
酸っぱい匂いに半酔いになりながら、他を探索。

クヌギの奥の下草に白っぽい蝶が。
慌てて収めようとするが、上手くピントが合わない。
まだ慣れないAFに手こずるうちに、逃げられてしまうではないか。
何でもいぃやと、とにかく1枚。
ボケボケだが確かに何かのミドリシジミ類のようだ。
周りをいくら探せども、もぅどこにも見当たらない。
『あ~、悔しい。あ~、バカ。』と自分に嘆き、気落ちしたまま歩き回る。

かれこれオナガシジミに会いたいと思いながらも、なかなか機に恵まれず。
がしかし、来るときは来るもんですかね、やっと会えました。
一気に、『YES, I've got it!!!』って心境。
目線よりもやや上の葉っぱに、ゆっくり回転しながらスリスリ。
毎度のことですが、興奮と緊張でなかなかいぃ具合には撮れませんでしたが、まずは満足。
20110714DSC_0127.jpg
20110714DSC_0133.jpg
その他は・・・
もぅシーズン終わりでしょうか擦れたミズイロオナガ。
半開翅してくれたのでパチリ。
20110714DSC_0196.jpg
ミヤマカラス。
20110714DSC_0166.jpg
そして、何と何と、これは多分さっき見失った『・・・・・・』でしょう。
雌だということはわたしにも分かるのですが、種類が分かりません。
当てずっぽうで、ハヤシミドリ? ですかね。
20110714DSC_0187.jpg
20110714DSC_0193.jpg
これまた興奮と緊張で、甘ピンの微妙な写真になってしまった。
でも、あの場所では初見初撮りなので満足満足。

● COMMENT FORM ●

・・・・・・・・・・・・・v-12v-10v-12・・・・・・・・・・・・凄いです!!

オオムラサキの雌の集団吸汁、これも珍しい。こんなの初めてみました。

オナガシジミ遂に遇えましたね、オ・メ・デ・ト・ウ!!

ハヤシミドリの雌、同定が難しいですね。図鑑で調べてみましたが、何となくオオミドリのような気がしますが・・・・・
 後翅の白条の内側の縁取り・中室端の見え具合・オレンジの斑の切れ具合から判断しました
違っていたらごめんなさいね、

これは難しい。私はハヤシミドリに1票。裏面の色が濃い、後翅裏面の赤紋がオオミドリでは完全に切れているが、この個体は一部つながっている、この程度はハヤシミドリではあります。
あとはオオミドリの鑑別点である、前翅裏面の縦条がはっきりとしていない事かな?

失礼しました。

kmkurobeさんの同定でしたら間違いないでしょう!!

それでも最近ミドリ系を覚えようと少しだけ図鑑で特徴などを頭に叩き込もうと努力してます。

まだまだ勉強しなくてはね!

両種はごく似ていますが、
YODAはオオミドリ雌の方に一票です。
まず、中室短条紋は結構目立っている。
・後翅の白条紋の内側の縁取りが明瞭
・後翅の亜外縁の二重の白条紋の内側はハヤシでは弱くなるが、本個体はかなり明瞭。
・前翅の赤斑の大きさや並び方が、オオミドリ雌に近い。
などでしょうか。

みなさん、コメント大変ありがとうございます。

やはりミドリシジミ類は、これほどお詳しい方々でさえも判別が難しい場合もあるのですね。
何度か通って、もっと判別のつき易い画像を何枚か撮れれば、と考えています。

それから明日、地元の自然観察会があるので、講師の浜栄一先生のご意見もお伺いしてみようと思います。
また、浜先生のご意見ご紹介させていただきますね。

本日の自然観察会行って参りました~。
写真を浜先生にお見せしたところ、
んんっ、はっきりとは分かりにくいが、オオミドリ雌に一票とのことでした。
クロミドリかもとも思われたようです。
多くのみなさんのご意見、お待ちいたしておりますm(_ _)m


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumiekitazawa.blog69.fc2.com/tb.php/111-6747edc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

珍しい?!クジャクチョウの産卵 «  | BLOG TOP |  » 念願のアイノミドリ

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (234)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する