2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウスバシロチョウ試験

クモマツマキチョウの撮影に納得がいかず、このところの頭の中は「クモツキ、リベンジ。」

「君ねぇ、基本がなってないのよ。
クモツキ撮影なんぞ、ウン年早いゎ。
出直してきぃや。」
何だか、そんな声が頭を巡る。

確かにシャッターチャンスは得るものの、肝心の成果が出ない。
ってな訳で、ちょいと近場で撮影練習。

練習にはもってこいの お・と・な・し・いウスバシロチョウ。
おやつの時間にハルジオンでのんびりと吸蜜中。

20130529DSC_0018.jpg
20130529DSC_0031.jpg
20130529DSC_0041.jpg
20130529DSC_0067.jpg

「ところでさぁ、これだけ撮るのに全部で何回シャッター切った ?!
ん・・・そりゃ、切り過ぎでしょ。
はぃ、再試験ね。」

あゝ試練はつづく。。



● COMMENT FORM ●

クモツキの写真なかなかいいと思いますが、私も写真についてはあまり詳しくないので、
適当なことを言えません。
私もクモツキは撮影チャンスがあまりないので、とにかくピントを合わせるだけで精一杯です。
ウスバシロだって、躍動感があっていい写真だと思います。

H.A.さん、いつもコメントありがとうございます。

わたしの写真で一番致命的なのは、ピンが蝶の目にキッカリと合っていないところです。
どこかイマイチ、あまピンv-404
他にも、前後のボケがとか・・まぁ言い出すと切りがないですv-409
目標としては、生態記録というより壁に飾りたぃと思えるような写真が撮りたいです。

ところでクモツキでは、すれ違いだったかも知れないですね。
撮影されたいとおっしゃていた直後の朗報でしたので、わたしとしても嬉しくてクモツキコメントばかり残してしまいましたが、ギンイチの写真もかなり好きです。
ブルーの色味もとても美しく出ていて、ブルーというひと言だけでは表現しきれない深みに感動しました。

えー私の注意点は
1.カメラの設定は頻繁に確認すること。
2.ファインダーをのぞくとき空いた目で被写体とカメラの位置関係を堪忍すること。
3.連写に設定して2-3連写のたびに半押ししてピント確認。
チャンスが少ない被写体は堅実に撮影するのが一番でありましょう。
あと蝶の撮影では極端に暗くない限り-0.7程度のアンダーで撮影するのがきれいに写るようです。

kmkurobeさん、こんばんは。
撮影のアドバイスありがとうございます。

実はいつも片目撮影になってしまって、それでウスバシロで両目での練習をしてみたのですが、慣れないせいかなかなか感覚が掴めません。
3とアンダーの設定はできそうですが、チャンスが来ると動揺してしまって1の設定のことはいつも遥か彼方に吹っ飛んでしまいます。
ピン同様に、カメラもあまちゃんv-521

精進あるのみというワケで、また挑戦してきます。
道のりは険しいぜよ(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumiekitazawa.blog69.fc2.com/tb.php/153-098fba4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クモマツマキチョウ・リベンジ -vol.1- «  | BLOG TOP |  » 雌もまた清し美し -クモマツマキチョウ-

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (235)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。