2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015 白馬のヒメギフチョウ

白馬は、ヒメギフチョウとギフチョウの混生地。
本命ギフで訪れたが、今年は少し遅れているのかもっぱらヒメギフの歓迎だった。

杉苔!? の生えた石で日向ぼっこするヒメギフ。
こうゆうのも、なかなか渋くていいなぁ・・と思ったり。。


この日一番の感激は、ヒメギフ on remaining snow.
何と残雪の上に止まってくれた
20150503DSC_0069.jpg

そして、こちらは交尾。
大勢さんで囲っての撮影だったので、角度はおのずと限定される。
雄の顔が拝めないのは残念だったが、雄雌ともに新鮮だったので、美しい状態の翅が撮れて嬉しかった。
20150503DSC_0076.jpg
20150503DSC_0082.jpg
背景の林もぼかして入れてみた。
いつもマクロ撮影ばかりしてしまうが、背景を入れた生息場所の雰囲気を軽く出すのもいいなと、最近思う。
20150503DSC_0091.jpg
そうそう、また気になったことが、ある。
交尾中なのだが、交尾シーンの1枚目画像には、すでに交尾嚢が見られる。
交尾嚢は、交尾終了時点で付けられると思っていたのだが、一体どの段階で付けられるのだろう・・。
いつも撮影にばかり気をとられてしまうのだが、次の機会にはソコノトコロを注意して観察してみたいものだ。

ポロリと雄が落ち、交尾は終了。
雄は飛び立ち、雌はしばらくそのまま休んでいるように見えた。
20150503DSC_0109.jpg

場所を少し移してギフを探した。
が、チャンスは束の間、1枚の証拠写真が撮れただけ。
もう一度くらいは、再訪したいよね。
出来ればバンドに会いたいし
20150503DSC_0124.jpg



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumiekitazawa.blog69.fc2.com/tb.php/261-2d924e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【Artistic Trial】 ヒメシロチョウ・ギフチョウ «  | BLOG TOP |  » 2015 【続】桜に舞うヒメギフチョウ

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (237)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。