2017-06

ギフチョウとヒメギフチョウ 2016

ここは、ギフチョウとヒメギフチョウの混生地。
本日、朝から気温高く、早々に休むことなく飛び回り放し。

吸蜜や休憩時間が一瞬であるということは、もしかしたら考えようによってはラッキーなのかも知れない。
つまり、その前後は比較的スピードを落として飛ぶ訳で、静止は難しくとも飛翔は狙える !?

・・いやいや本日の収穫もいつもの偶然ですね。
幸運の女神さまに感謝 !!というところです。

ギフチョウの飛翔

20160501DSC_0050.jpg

たまの休憩。
WS000150.jpg


とにかく混生地なので、撮影し終えてやっと、
「あぁ、ギフチョウだったのかとかヒメギフチョウだったのか。」という調子。

はて、これは !?
混生地特有のいわゆるハイブリッド種かしらん。
前翅はギフチョウ、後翅はヒメギフチョウの特徴が出ているように見えますが・・。
20160501DSC_0085.jpg

まだまだ綺麗な状態のヒメギフチョウも飛んでいました。
透過光ぎみに撮れてうれぴかったデス。
20160501DSC_0128.jpg

そのほか、産卵や強引絡みシーンはリアルな目で、イエロー情報も小耳に、
なんやかんやと楽しいひとときでしたぁ


● COMMENT FORM ●

たしかに怪しげですね。この時期のハイブリッと。お寺の入り口近くから真ん中より下、一見ヒメギフ風、雌というところが今のところ条件になっております。

今年は、お寺には行ってませんが、バンドも見たいですね。
あの場所は確かに、ギフとヒメギフが住み分けているように感じますね。
そろそろオレンジも出始めているとか。忙しくなりそうです。

H.A.さん、いつもコメントありがとうございます。
あの場所は、バンド地帯でもあるので、今年もぜひ見たいと思っています。
やっぱりオレンジも・・もぅ出始めているのですね。
う~ん、どちらに行こうか悩み処です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumiekitazawa.blog69.fc2.com/tb.php/280-55af2217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クモマツマキチョウ飛翔 2016 «  | BLOG TOP |  » 地元(近年有名ポイントらしい・・)産 ヒメギフチョウ 2016

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (234)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する