2017-04

ムラサキツバメ 2016

ぬぁんと、この近辺でムラサキツバメが見られるというので。。
通った、3日。。
三度目の正直かな、本日出会えた。

ちょっと擦れていたけれど、お初見のムラサキツバメであった。
鮮やかな発色の女のコ。

サービスよく全開翅
Danke schön

おすましポーズも、また乙なもの。
20160810DSC_0108b.jpg
ちょっと上にあがって、青空バックで。
20160810DSC_0094.jpg
この○○暑い時間を、素敵なひとときに変えてくれました。
ムラサキツバメちゃんも暑かったようで、日陰でおやすみモードに。

男のコにも出会いたかったが、この種は一体、年何回のいつ発生なのか。。
お盆にまた来てみようっと


そしてこちらは、ひさしくレンズを向けていなかったベニシジミ。
さすが夏型は、焼けてます。
黒いデス。
20160810DSC_0015.jpg
春型と夏型で求愛行動してたけど、撮影しとけばよかった。
暑さにボ~ッと見守っただけで、やり過ごしてしまった。
あほやんorz


● COMMENT FORM ●

燕ですか。

燕というとやはり飛ぶスピードが早いんですかね。

農園長、こんばんは。
ブログ訪問ありがとうございます。

蝶の場合、ツバメの由来は尾状突起にあるようです。
ですが、種類によっては活動時間帯の飛翔速度にはもの凄いものがあります。
モンシロチョウとかは可憐にひらひらという感じですが、
小さなセセリチョウなどはびゅんびゅんです。

しかしまぁ、暑いですね。
お身体ご自愛くださいませ。

ムラサキシジミではなく、ムラサキツバメも中信まで来てるんですね。
北信でムラサキツバメを見たら間違いなくニュースになると思っていたのですが、それほど夢物語ではなくなりそうですね。

H.A.さん、こんにちは。

そちらはまだゼフが舞っているようでいいですね。
実は、ミドリシジミは未見なのです。
雄、特に雌(A,B,AB,O)を全種類見てみたいです。

ムラサキツバメは、実のところどんな経緯で・・かは定かでないのですが、
ある程度定着していると言えるらしいです。
秋までにもう一化くらいするのでしょうか。
さすがにここでの越冬は無理かなと思ってみたり・・まだよく分かりません。
できれば集団越冬の様子も見てみたいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumiekitazawa.blog69.fc2.com/tb.php/300-cbcdea7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャコウアゲハ 2016 «  | BLOG TOP |  » ミヤマカラスアゲハ(2) 2016

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (219)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する