2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【蔵出2008】シジミチョウいろいろ vol.1

いやはや、いつぶりの更新だろう。
この夏は暑すぎて、案の定ダウン。
最近少し涼しくなってきて、ちょっぴり元気も戻ったし、蔵出ですが載せてみようかと。。

相変わらず図鑑を見ても同定ができないアタシ。
斑紋は明瞭に見えるのでメスアカかとも思うのですが、裏の地色の茶褐色の濃さからするとアイノかとも。
どなたかお分かりでしたらお教えくださいませ。
2008よりa

さて、次は。
こちらはメスアカでしょうか。
ただ随分と白帯が太く、こんなに太い個体を見たのは初めてです。
異常型とかになるのでしょうか。
0912DSC_0483.jpg

こちらが、、普通のメスアカ、、、かな。
斑紋は明瞭だし、裏の地色は白色を帯びた薄い茶褐色だし。
んんっ、識別の勉強が足りなくていけません。
0912DSC_0745.jpg


【9/17追記】
***********************************
載せてからですが色々と検索してみました。
***********************************
1枚目:やっぱりメスアカかアイノ

内容がコメントとダブリますが、
↓こちらを参考にさせていただきました。
四季彩散歩

後翅橙紋の中の黒点の大きさによってメスアカかアイノか、らしいのですが
どちらかワカリマセン。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2枚目:syakugaくんからも同定してもらいましたがジョウザンミドリ

1枚目で参考にさせていただいたサイトに、酷似画像が載っています。

北海道ではこのタイプが見られるようですが、他の地域でも発見または撮影されている方がいらしたら
ぜひコメントお待ちいたしております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3枚目:ジョウザンミドリ♀

↓こちらを参考にさせていただきました。
軽井沢の蝶

本種の♀は前翅にも燈色斑を現す、
とのことです。


【9/18追記】
3枚目についてHPを参考にさせていただいた、栗岩様よりミドリシジミ類の種名判定についてメールをいただきましたので、以下に転記させていただきます。(わかりやすい説明画像もいただいております。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
初めまして。

このたびは私のHPをご覧下さり、またブログでの紹介と
メールでのご連絡を頂き、ありがとうございます。
早速ブログを拝見させて頂きました。美しいシジミチョウが
たくさん並んでいますね。撮影地は長野県内ですか?

ミドリシジミ類には判定が難しい種類が多いですよね。
私のHPでは、ちょっと説明不足の点がありますので、
もう少し詳細に見分け方を(私の知る範囲で)ご説明させて頂きます。

ブログ1枚目の茶褐色の蝶はアイノミドリシジミかとお見受けします。
地色がブラウン系で、白帯が細いながらくっきり。前後翅共に
中室端の斑点が弱くも現れ、後翅W字状の白帯の真ん中の短条が
かなり短く横に倒れる、肛角部の燈色斑がほとんど途切れず連続している、
…などからアイノミドリシジミの特徴がよく現されていると思います。

2枚目は異常型として、とても貴重な写真ですね。あそこまで白帯が
太くて外側にぼやけていると原形がどうなのかわかりにくいのですが、
はっきりしている内側の境い目を見ると、そのラインや位置から、
ジョウザンミドリシジミと言えそうですね。それに肛角部の燈色斑が
中央下部でくびれ、上部だけつながったアーチ状になっていることや、
♂のようですので地色がグレー系なのも、1つの理由です。

さて問題は3枚目です。ここで私のHPをご紹介頂いたのですが、
説明不足で申し訳ありません。ジョウザンミドリシジミの♀に限っては
前翅にも燈色斑を現す(♂では現さない)ことで間違いないのですが、
他種においても♀では現す場合があるのです。ただ、その場合
個体差があり、同じ種類でも、個体によって現したり現さなかったり
するのです。結論から申しますと、3枚目の蝶はエゾミドリシジミかと
思われます。その根拠ですが、まず地色がグレー系(これがジョウザン
の♀であればブラウン系)、白帯がとても太い、後翅肛角部の
燈色斑がくびれず途切れず連続している(ジョウザンであれば、
特に♀で明瞭なアーチ型になり、アーチ下部に白斑点を有す)、
燈色斑に小さな黒いV字の切れ込みが入る、外縁をフチ取る極細の
白帯が、尾状突起の付け根部分で黒く途切れる、亜外縁の2条の白帯が、
比較的明瞭で1つ1つがコの字型をしている、などです。前翅にも燈色斑が
ありますが、これはエゾミドリシジミでありながら、たまたま発達した個体で、
そこだけ見るとジョウザンと紛らわしいですね。
補足画像
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このようにご丁寧・ご親切なご意見をいただき深く感謝申し上げます。
栗岩様、ありがとうございました。

どうやら、ジョウザンミドリ♀という判断はアタシの早合点だったようです。
それにしても、ミドリ系シジミの同定はなんて難しいのだろう。。

● COMMENT FORM ●

お久しぶりの更新、待っていました。
こんなの蔵入りしてたんですね、綺麗ないい写真ですね、

ミドリ系同定が難しいですよね、一番目と三番目はアイノだと思いますが・・・・
シャクガ君の担当ですかね(笑)
三番目も上翅のオレンジが気になります。

2番目は矢張り変わっていますね、私もたまに判らないときに利用しますが
シャクガくんの所属の協会のサイトで「SSP画像掲示板」というのがあるので、
そこに出してみたらどうでしょう、いろんな情報が帰ってきます。

 ☆蔵出しどんどんやって下さい、楽しみにしてます☆

中綱湖のアサギ飛来がはじまったようです。週末あたりいいかも、行ってみようと思っています。

コメントありがとうございます!

図鑑とにらめっこしても、ミドリ系の判別は特につきません。
早速ですが、ご提案いただいたので、2枚目を「SSP画像掲示板」に投稿してみました。

ところで、アサギの飛来はじまったんですね。
涼しくなったし、出掛けてみようかなぁ。。

1枚目:アイノミドリシジミ
2枚目:ジョウザンミドリシジミ(北海道ではこの帯のやつが出るそうです)
3枚目:地色から、アイノはないんじゃないかな?お手上げです。もしかしたらエゾミドリかもです。

早速ありがとうございましたv-521

【ジョウザン 北海道 白帯】で検索してみたら、なかなかピッタリな画像が見つかりました。
http://shikisaisa.exblog.jp/3394863/

1枚目とこちらの②、かなり酷似しているように見えますが。
四季彩散歩さんの中のコメントでは、後翅橙紋の中の黒点の大きさによってメスアカかアイノか、が争点になっているところでしょうか。
複雑すぎて、説明つきでも混乱してしまいます。

それから、2枚目とこちらのA、これはまさに、そっくりですね。
ですが、北海道以外でもこのように白帯が太く現われることがあるのですね。
こちらのNoreen05さんはどちらで撮影されたのだろう。

こうして拝見すると、大先輩方から見てもなお、なかなかミドリ系ゼフルスの同定は難しいところがあるのですね。




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumiekitazawa.blog69.fc2.com/tb.php/37-80dd892e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【蔵出2008】シジミチョウいろいろ vol.2 «  | BLOG TOP |  » ikedanochochoさんの写真展のお知らせ

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (235)
昆虫 (6)
草花 (18)
お知らせ (4)
その他 (8)
モノクロ (15)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。