2018-07

蜘蛛の糸

蜘蛛を見かけると、なぜか必ず芥川龍之介の『蜘蛛の糸』を思い出す。
多分、小学校の低学年くらいに読んだのだろうが、特別な理由もなく忘れられない小説のひとつだ。
同じように蓮の花を見ても、この『蜘蛛の糸』を思い出す。
モノクロ0111
犍陀多(かんだた)も蜘蛛の糸もお釈迦様も蓮の花も、
そして極楽も地獄も、
きっとすべては、己の心の内に同居するものだと思う。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fumiekitazawa.blog69.fc2.com/tb.php/79-d128d0a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

待ち侘びて «  | BLOG TOP |  » 山鳴らし

プロフィール

fumiekitazawa

Author:fumiekitazawa
自分らしい、と思える
写真が撮りたいです。

画像はclickして
大きくご覧ください。

本ブログの掲載記事、掲載写真の複製および転載等の
二次利用は固くお断りします。
Copyright(c) fumie
All Rights Reserved.

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

Photoscope

  banner

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
蝶 (254)
昆虫 (8)
草花 (24)
お知らせ (4)
その他 (9)
モノクロ (16)
つぶやき (5)
野鳥 (6)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する